3.5JIGEN

UTはいいぞって言いながら蛾を愛でたり蛇にちょっかいかけたりするブログ.しろうとどうてい

 

スポンサーサイト

Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノコギリクワガタ♂と同棲をはじめた

Edit Category 生き物 Tagged  遠征日記 
部屋の中でただ今行方不明。
どうやら夫の務めを果たす気はないようだな、いい度胸だ。

■なーわ蛾以外の生物編&ご飯。

1日目
飛行機の窓側ではしゃぐノノモサン。
この時はまだ希望に胸をふくらませていたので、Bカップくらいはあったんじゃないでしょうか。
1日目出発前
ばにらえあ。

1日目昼
お昼のタコライス。「Beach Cafe anjina(あんじなー)」にて。

浜風1日目夜
夕飯のソーキそば。「浜風(はまかぜ)」にて。

2日目
梅雨ですね。
2日目天気
二日目の朝は優雅に起床。外は雨ぞ☆

ヤンバルクイナ2
後輩とヤンバルクイナ探しに行ったものの、どうしても見つからない。
とうとうずるして「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森」へ行きました。
ワンコインでこんなに近くに寄ってきてくれて、しかも水浴びも羽づくろいも見れる。超可愛い。
ちなみに名前は「キョンキョン」。
お世話をしているらしき女の人、めっちゃキョンキョンラブでした。見習いたいね!!

国頭港食堂2日目夜
この日はもはや夕飯しか食べる気力がなかった。
画像はチキン南蛮。「国頭港食堂」にて。

オキナワハンミョウ
オキナワハンミョウふつくしー
林道めぐりってたのしいね!!

P6170491.jpg
謎のきのこのような何か。神々しい…

P6170494.jpg
でかかったゲジゲジ。

P6170471.jpg
暗闇に潜んでいたキノボリトカゲ。
後輩君が見つけた時はおねむだったそうです。

P6170485.jpg
憧れのイボイモリ。
なんかリングライトのせいでおもいっきり見下し顔になってしまって私は満足です。

P6170490.jpg
「わぁー」

P6170489.jpg
「わぁーーーー」(後ずさり)

ホンハブ
林道の当初の目的はこれでした。
諦めていたところで、道を間違えた矢先にたまたま発見。
ホンハブを見れるだなんて思ってもみなかった。

3日目
やっとくもったので遊びに行く。
もし自分だけだったら、この日はきっと食い倒れしてたとおもう。
ゆいゆい国頭
道の駅「ゆいゆい国頭」にて。国頭ドーナツ美味しかった…

わぁー家~3日目昼
3日目のお昼はいのぶた丼。「わぁー家~」にて。

浜風3日目夜
&お夕飯はいつもの「浜風」。縁起を担いでカツ丼です。

ヒメハブ
担いだかいがあったね!!

ヒメハブ2
ずんぐりむっくり、食いすぎ(らしい)なヒメハブさん。
果たして
「わ゛ぁーーーーーこっちこないでーーーーーー!!!」
という汚い悲鳴があがるのであった…

P6180576.jpg
バナトラ付近にいたヤンバルナメクジ。
超でかい。言い表せないくらいにでかい。地面で丸まってたのは大きめの白いきのこかと思ったくらいでかい。
写真だと衝撃が分かり辛いので、ぜひやんばるに行って本物を見てほしいなと思います。

4日目
どったんばったんしながら空港でお土産を購入し、悪天候のため飛行機を1時間待ち、満身創痍で帰宅。
後輩の一人はガチお岩さん化していました。お大事に…


次は夏に行きたいなぁ沖縄…




スポンサーサイト

沖縄だいすきOhワンダフル

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  スズメガ科   ヒトリガ科   アオシャク亜科   ドクガ科   シャチホコガ科   エダシャク亜科   ヤガ科   蛾   遠征日記 
ゆいゆい国頭で爆笑した歌。
たぶん作った人は泡盛でへべれけ状態だったんだろう。
なおネットでは見つけられなかった。残念!

■沖縄イテキタヨ!!

後輩たちの沖縄遠征にひっついて行きました。
M2の先輩だったからさぞ断り辛かったことでしょう。ごめーんネ!!!(反省してない)

さーていつものだよ!!!

1日目
あいにくの雨&気温低くて寒い。いつかの石垣を彷彿とさせるふんいき。
この日は「ペンション与那覇岳」にて、灯火総研でライトトラップを実施。
スズメガがよく来た。あとオオトモエ(たぶん)も来た。

セスジスズメ(スズメガ科ホウジャク亜科)
いつもの戦闘機。

P6160440.jpg
暫定:マダラツマキリヨトウ(ヤガ科ツマキリヨトウ亜科)
類似種にミナミツマキリヨトウがいる。
二種は外見での判別は難しいので、交尾器判定が確実だそうな。
というか類標準図鑑に交尾器の特徴しかない。外見の判別方法をくれ。

P6160392.jpg
ハガタベニコケガ奄美以南亜種(ヒトリガ科コケガ亜科)
石垣ではサキシマベニコケガ、沖縄ではこっち。
似ているけど黒点があるかないかで一発判断。

P6160395.jpg
アカウラカギバ(カギバガ科)
おなじみ。

P6160417.jpg
ブドウスズメ(スズメガ科ホウジャク亜科)
同じくおなじみ。でかい。


2日目
この日も雨。風も相変わらず強いから林道組に混ざりまざり。
は車のライトによく来た。
P6170477.jpg
クロフオオシロエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
今年に北茨城で初めて見たような気がする。

3日目
やっと雨が止み、気温もあったかくなりました。やったね!!
「今日は風が強かろうが関係ねえ!!ライトトラップじゃひゃほーーーーーー!!!」
という勢いでライトトラップ実施。
待ちの基本姿勢はヤンキー座りにピンセット左手。
そのさまはさながらコンビニ前でタバコぷかぷかたむろするヤンキーである。
P6180525.jpg
カシワマイマイ♂(ドクガ科)
よく見たら某人が好きそうな配色をしている。

P6180531.jpg
(シャチホコガ科)

P6180517.jpg
シタベニセスジスズメ幼虫(スズメガ科ホウジャク亜科)
見事にまちがえた。
だれだミドリスズメなんてぬかしてた奴は!わたしだ!

P6180540.jpg
セスジスズメ幼虫(スズメガ科ホウジャク亜科)
幼虫も成虫も同時にいる、それが沖縄。(本土は違うとは言ってない)

セスジスズメシタベニセスジスズメ
異常に黒いシタベニセスジスズメ(黒化型?)とセスジスズメ。
若い子だと、黒化型ならこのくらい黒いのか???

P6180588.jpg
アカスジシロコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
いつものKKG。

P6180560.jpg
ヨツモンマエジロアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
毎年一回は会う。

P6180589.jpg
シロスジヒトリモドキ(ヒトリガ科ヒトリモドキガ亜科)
沖縄ではおなじみ。
たまには別のヒトリモドキと会いたいです。

P6180580.jpg
オオトモエ(ヤガ科トモエガ亜科)
会長が仕掛けたバナトラに飛来。
ビッグサイズカコイイ。

P6180572.jpg
キマエコノハ(ヤガ科シタバガ亜科)
同じくバナトラに飛来。
逃亡されたけど、写真が撮れただけで満足したのと大型用三角紙が既に切れていたので諦めも早かった。
やっぱかっこいいよねーこの翅ー

P6190635.jpg
リョクモンエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
最終日の深夜、ペンションにてたまたま発見。
お前いたのか。

他にもいろいろ採ってはいたけど、同定が全然終わっていないのと死亡後の記録写真ばっかなのではここまで。
次は以外編。早くどうていそつぎょうしたい。

分類学を学んでないやつの判別方法

Edit Category 生き物・モス極振りver.
絵合わせ一択。

いたくら

とらえもん

Edit Category 雑談

再来週に沖縄行くはずなんだけど、何も準備ができてないぜ!!!
こっちより今週以降しばらく続くバイトが心配!!!

あ゛ーーーーーーーーーやりたくね゛ーーーーーーーー!!!

GW終了モス祭りパートヨーヨー

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  ヤガ科   アツバ亜科   シタバガ亜科   キリガ亜科   モンヤガ亜科   ヤママユガ科   スズメガ科 
///

■やっと最後!

カシワキボシキリガ
カシワキボシキリガヤガ科キリガ亜科
やっと出てきたキリガ亜科のキリガ。
成虫越冬なので、今見られるのは冬を越えた個体。

クロテンヨトウ
クロテンヨトウヤガ科キリガ亜科
キリガとは。

カギモンヤガ
カギモンヤガヤガ科モンヤガ亜科
合ってるはずなんだけど自信ない。

ヒメクビグロクチバ
ヒメクビグロクチバヤガ科シタバガ亜科
このくらい特徴が分かりやすいと楽だね!
類似種は何種類かいるが、大きさが全然違ったり圧倒的に珍しかったりするので特に問題なし。

テングアツバ
テングアツバヤガ科アツバ亜科
TAKAOにもいた天狗さん。
地域によって変異があるらしく、個人的には画像検索で出てくる山梨県のがかっこいいと思う。
この個体は、翅の色的にたぶん♀。

ハネナガブドウスズメ
ハネナガブドウスズメスズメガ科ホウジャク亜科)
春に出てくるBigスズメガ。
類似種であるブドウスズメとの違いは、前翅先端付近にある白状帯が、胴側の前翅先端に到達するかしないか。
あとは、ブドウスズメの方は夏から出現。

エゾヨツメ
エゾヨツメヤママユガ科
春の三大蛾の一つ。
後翅の紋は光を当てると青く輝くため、写真よりぜひ生で見たい蛾。
ヤママユガの中ではかなり小さめ。♂なんか笑っちゃうほど小さめ。実際爆笑してた。

イボタガ
イボタガヤママユガ科
春の三大蛾の一つ。
そんなに珍しいものでもないはずなのに、今まで見たことのなかった子。
ファンが多いのも納得。こやつ、生きた芸術ですわ。


今回は天候に恵まれたのか、このようにけっこういろんな種類が飛来してきてくれました。
見たことのない種も何匹かいたし、やっぱ山のライトトラップはいいね!
来週のライトトラップin北茨城も、暖かいことを願いたい。

 
07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06 08


 
 
プロフィール

ののもらりずむ

Author:ののもらりずむ


Don't run away from xxxxx.

◆自己紹介的な
http://akoenikki.blog83.fc2.com/blog-entry-326.html

 
 
 
 
FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。