3.5JIGEN

UTはいいぞって言いながら蛾を愛でたり蛇にちょっかいかけたりするブログ

 

GW終了モス祭りパートヨーヨー

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  ヤガ科   アツバ亜科   シタバガ亜科   キリガ亜科   モンヤガ亜科   ヤママユガ科   スズメガ科 
///

■やっと最後!

カシワキボシキリガ
カシワキボシキリガヤガ科キリガ亜科
やっと出てきたキリガ亜科のキリガ。
成虫越冬なので、今見られるのは冬を越えた個体。

クロテンヨトウ
クロテンヨトウヤガ科キリガ亜科
キリガとは。

カギモンヤガ
カギモンヤガヤガ科モンヤガ亜科
合ってるはずなんだけど自信ない。

ヒメクビグロクチバ
ヒメクビグロクチバヤガ科シタバガ亜科
このくらい特徴が分かりやすいと楽だね!
類似種は何種類かいるが、大きさが全然違ったり圧倒的に珍しかったりするので特に問題なし。

テングアツバ
テングアツバヤガ科アツバ亜科
TAKAOにもいた天狗さん。
地域によって変異があるらしく、個人的には画像検索で出てくる山梨県のがかっこいいと思う。
この個体は、翅の色的にたぶん♀。

ハネナガブドウスズメ
ハネナガブドウスズメスズメガ科ホウジャク亜科)
春に出てくるBigスズメガ。
類似種であるブドウスズメとの違いは、前翅先端付近にある白状帯が、胴側の前翅先端に到達するかしないか。
あとは、ブドウスズメの方は夏から出現。

エゾヨツメ
エゾヨツメヤママユガ科
春の三大蛾の一つ。
後翅の紋は光を当てると青く輝くため、写真よりぜひ生で見たい蛾。
ヤママユガの中ではかなり小さめ。♂なんか笑っちゃうほど小さめ。実際爆笑してた。

イボタガ
イボタガヤママユガ科
春の三大蛾の一つ。
そんなに珍しいものでもないはずなのに、今まで見たことのなかった子。
ファンが多いのも納得。こやつ、生きた芸術ですわ。


今回は天候に恵まれたのか、このようにけっこういろんな種類が飛来してきてくれました。
見たことのない種も何匹かいたし、やっぱ山のライトトラップはいいね!
来週のライトトラップin北茨城も、暖かいことを願いたい。

スポンサーサイト

GW終了モス祭りパート燦燦

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  ヤガ科   ヨトウガ亜科 
///

GWは長野県と高尾山にGOしてきたので、モス祭りが終わり次第書こうと思います!!!!!

■お腹が雷様状態。

ブナキリガ
ブナキリガヤガ科ヨトウガ亜科
「キリガ」とついていながらヨトウガ。紛らわしい!

マツキリガ
マツキリガヤガ科ヨトウガ亜科
ど普通種だけど、かっこいいからたくさん標本にしたくなるよね!
某合宿所にもいる、春の蛾。

カバキリガ
カバキリガヤガ科ヨトウガ亜科
上二つよりも大きいヨトウガ。これもヨトウガ。
キリガとは。

クロテンキリガ?
クロテンキリガ?ヤガ科ヨトウガ亜科
このへんねー

クロミミキリガ?
クロミミキリガ?ヤガ科ヨトウガ亜科
紛らわしくてやーねー。
調べたところによると、
クロテン → 翅の幅が細く、点状の外横線がV字に尖る
クロミミ → 前翅の先端に三角状の暗色部と、亜外縁線の上下に暗色部が存在する
とのこと。
ただ、これらの特徴が全然出てこない奴らもいるため、参考までにって感じだそうです。はーん。


ケンモンキリガ
ケンモンキリガ2
ケンモンキリガヤガ科ヨトウガ亜科
個体変異が多いよ!夏までいるよ!

スギタニキリガ
スギタニキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
大きい。かっこいい。キンイロキリガシベチャキリガと似ているが、まず間違えることはない。


ぱーとよんに続く♡

ちょうど1年モス祭りパートにーにー

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  ナミシャク亜科   エダシャク亜科   ドクガ科   シャチホコガ科 
///

年に1度か2度ほど起こる謎対人エンカウントイベント、今回はー…
恐怖度ランキングーーーーいぇーーーーーいーーー!!!!

一位!!!
エンカウントフィールドはTOKYO!!初のプチストーカーにビビりまくり!!脇目も振らず逃げた先はこれまた謎チョイスの業務スーパー!!入口で待たれなくてよかったね!!

二位!!!
エンカウントフィールド、IBARAKI!!かつて私の若かりし頃、あの駐車場で見知らぬヤンキー兄ちゃんにひたすら絡まれ続けたおもひで!!「次に会ったときは連絡先交換してください」って、もし再会してしまったら迷わず通報するつもりだったよ!!会わなくてよかったね!!

三位!!!
エンカウントフィールド、同じくIBARAKI!!深夜に道案内をせがむ外国人の恐怖!!大学の下見って、お前道分からないのに夜とかやめとけよ(すっとぼけ)低レベルでよかったね!!

昨日のエンカウントは、背の低めな童顔兄ちゃん。正直可愛かった。
彼女なんていくらでもできそうな外見だったから、ナンパはまず候補から除外して、呑み屋のステルスキャッチか、新人社員への教育研修の一環か、金借りたいか、足借りたいか、むしろ宿借りたいか……さてどれだろう。

と、こんな感じでろくに家から出ない、女子最底辺、なわたくしですらランキングつくれるレベルで謎エンカウントするんだから、女の子って生きづらそうだね。
某超会議なんておふぱこ会議って言われてるくらいだから、女性陣はちゃんと警戒心持たないとだめよねーほんとにー

でも持ちすぎると婚期逃すよ♡ぼくみたいにね♡


■ということで、続きだ。

ナカモンキナミシャク
ナカモンキナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科
目玉の下がお山=ナカモンキのようです。
類似種のモンキキナミシャクは、茨城の北の方にはまずいないという意見があるよ!
今回、飛来したこの蛾を8割方写真におさめてみたけど、たしかに全部こっちでした。果たして、真偽はいかほどか。

セスジナミシャク
セスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科
青い稲妻がぼくを責ーめーるー♪(青くない)
かっこいい蛾だよ!類似種はいないからわかりやすいね!

シタコバネナミシャク
シタコバネナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科
二対の赤褐色紋が特徴。これもわかりやすいね!

ウラベニエダシャク
ウラベニエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科
変異が若干ある。似てるのもちょっといる。
関係ないけどアシベニカギバアカウラカギバがよく混ざる。なんでだろうねー

ハラゲチビエダシャク
ハラゲチビエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科
種名が判明した時、「そんなにチビだったかなー」と思った蛾。ハマキガ類を見すぎていたのかもしれない。

キジマエダシャク
キジマエダシャク2
キジマエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科
個人的に好きな蛾のひとつ。模様が綺麗。
ちなみにぐーぐるさんで「蛾 きれい」と調べると、
「蛾 綺麗」「蛾 きれい」
の下に、
「蛾 キモい」「蛾 気持ち悪い」
が出てくるの、ウケます。
綺麗なのに気持ち悪い、これはなんてアーティスティック…!!(?)

コナフキエダシャク
コナフキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科
「コフキエダシャク」だと思ってた。いったいどこで勘違いしたんだろうか…

オオエグリシャチホコ
オオエグリシャチホコシャチホコガ科トビモンシャチホコ亜科)
いつも楽しいシャチホコガ科です()5月の北茨城合宿が怖

ノヒラトビモンシャチホコ
ノヒラトビモンシャチホコシャチホコガ科トビモンシャチホコ亜科)
懐かしきかなノヒラちん。初めてこれを発見したのは、某トンボ君の車に乗せてもらって行った某所でした。つぶれてました()
今回もつぶされてました。。。私は悲しい。。。

リンゴドクガ
リンゴドクガ♂ドクガ科
幼虫も成虫もアイドル的存在、なリンゴちゃん。毎年可愛い。きっと今年の合宿も可愛いはずだ。


なんかぱーとよんまで続きそうな予感。

某鳥ツールには書けないいち老害の不満

Edit Category 雑談
なまけんを愛する人は聞かない方がいいよね!

もうすぐ1年モス祭りパートわんわん

Edit Category 生き物・モス極振りver. Tagged  ナミシャク亜科   ハマキガ科   その他の科 
///

きおんちゃん元気そうだった。よかった。


■ライトトラップは5月からだと言ったな。

あれは嘘だ。

いつものおじちゃん:「明日ライトトラップ行くかー?」
ぼく:「行くー!」

というわけで行ってきたよライトトラップっぷ。

では、まずミニマムズからのご紹介です。  \ミニスカ~~はいてみに●むず~~♪/
マユミオオクチブサガ
マユミオオクチブサガ(クチブサガ科)
似ている種にオオキクチブサガがいる。あっちは黄色っぽいけど、こっちは茶色。

ナシハマキマダラメイガ
ナシハマキマダラメイガ(メイガ科マダラメイガ亜科)
ネアカマダラメイガと類似。
前翅中央の強烈な違和感からネアカじゃないと判断したらその通りだった。やったね!!

オオハイジロハマキ
オオハイジロハマキ(ハマキガ科)
某みん蛾図鑑から、「ハイジロハマキとの区別は微妙」とさじを投げられかけている蛾。
でも日本産蛾類標準図鑑だと違いが分かりやすい。と思ったらサンプルが少ないだけでそうでもないらしい。
前翅中央の灰褐色帯が途中断絶していたらオオハイジロハマキのようです。
していないのもいるようです。なら載せろや。

P4200233.jpg
ハイジロハマキと確定させたかったのに蛾類標準図鑑のせいで確定させられなくなった蛾君。
でもたぶんハイジロハマキ(ハマキガ科)じゃないかな。うん。

トサカハマキ(♀?)
トサカハマキ♀?(ハマキガ科) ※モス屋様に同定していただきました
変異が非常に激しく、同種が同種に見えない。参考:トサカハマキ画像検索
この写真では白い斑紋が、別の写真では黒かったりする。もうわけがわからない。

ヒメサザナミハマキ
ヒメサザナミハマキ(ハマキガ科)
プライヤハマキと似てたりするが、今回はこっち。
さざ波模様が前翅先端部分にあるから、ヒメ「サザナミ」ハマキなんだろか?
ところでハマキガって変異激しすぎないーーほんとマジ嫌なんだけどもーー

クロスジアオナミシャク
クロスジアオナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
ミニマムなナミシャクさん。みどりい!かっこいい!
発生時期は今と夏頃。

P4200158.jpg
ウスカバナミシャク?(シャクガ科ナミシャク亜科)
種類が多い、模様はっきりしない、小さくて見辛い。
そんな奴らはどれもこれも同じに見えてやーなっちゃうね!
類似種にナカオビカバナミシャクソトカバナミシャクモンウスカバナミシャクがいるが、ぶっちゃけ変異も多いし、交尾器見ないと全然わかんないのでもはや直感頼り。
個人的には、ソトカバナミシャクより黒紋大きくないし、あと黒紋周囲が白色に縁取られてないし、モンウスカバナミシャクより前翅中央が暗色だし、ナカオビカバナミシャクより黒褐色帯が細いからウスカバ君と判断。
でも写真が糞だからはっきりとは結論出せないよ!!へたくそ!!

P4200159.jpg
ナカオビカバナミシャク?(シャクガ科ナミシャク亜科)
もう全然わかんねーよ。

P4200168.jpg
フタモンコナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
関東周辺の低山地では3月下旬~4月に出現する、山の蛾。
マエモンハイイロナミシャクと似る。
日本固有種だってさ!!

P4200205.jpg
チャオビコバネナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
変異が激しい(怒)
今回のパターンはけっこう好きなパターンだったけど!!

P4200170.jpg
オオクロオビナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
春と夏に発生する、山の蛾。
4月は今まで平地でしか蛾探ししてなかったし、去年に某合宿所でライトトラップした時なんて風が強くて蛾どころじゃなかったから、今回が実質初めての山地ライトトラップなんだよなー。
いやー、いっぱい初めてのに会えていいね!
同定が楽だったらもっといいんだけどね!!

疲れたので、あとはまた後日のご。
ぱーとすりーまで続く予定。